サプリメント

サプリメントをとってる人って多いのですが、あれって効き目ありますか?
サプリ飲んで白くなる、とか、元気になる、とか、
あまり信用できない。

効き目のある人は、たまたまその人にあっていた、ということなのだと思う。
それでもいいのです。
ただ、サプリ飲んでるから自分は安心、って思わないでほしいなって思うのです。
サプリそのものが危険だってこともありますからね。

サプリで元気になるところが、副作用でぼろぼろになってた、なんて笑えない。

そういえば、タバコすっててそれを反省した人が、
よーし、明日からマラソンするぞーー、って朝出かけたら、
途端に車にはねられた、って話もあります。

これは極端な例ですが、なにが健康かって分からない。
(タバコはいけませんね!)

サプリに頼らない生活がいいと思うのです、基本はね。

まだサプリを飲みますか?
そのサプリには何が含まれているか、知っていますか?
ちゃんと調べた方がいいですよーー。

調べるのが面倒なら・・・やめることです。

バリ島で暮らす

バリ島で暮らすためにはどのくらいの費用があったらいいのか?
よく聞かれる質問です。

個人差はありますが、出来ないことはないけど、無理ではないかなと。
インドネシア人と同じ水準の生活をして、必要なものしか買わなければ
1ヶ月315万ルピアで生活できると思いますが、
それは例えば、住人が全員出稼ぎジャワ人のローカルアパート(月6,000円)に住んで、
トイレはインドネシア式、水シャワー、エアコンが無くて日当りが悪いワンルームで暮らすということです。
ある程度日本に近い住宅設備や環境を備えた家は、安くて月300万ルピアはします。

無理でしょうね、普通の日本人ならば。

水だけのシャワーで暮らしている人もいますが、
慣れるあmではきっと涙します。

食事も、ローカルにあきていいところに行ったりなんかしたらたちまちお金なんかなくなりますよ。
物価もどんどん高くなってきています。
それに付き合わなくてはいけないのですから。
甘くはないってことですね。

甘い考えで海外で暮らそうなんて、それこそ甘いのです、、、むふふ。

テニス

7月に行われているウインブルドン。
今年はケガも多かったですね。
暑くて、雨もなく、芝生の状態が悪いからだって言う人もいました。
あの錦織選手も虫がいてやりにくかったと言ってたし。

ケガをしたマテック・サンズは
「キャリアの中でいくつものけがをしてきましたが、今回は間違いなく最悪です。
膝がどうなっているのか医師にもっと診てもらうために、
日曜日(9日)にニューヨーク(New York)へ飛びます。
しばらく戦列を離れますが、乗り越えてみせます」
と語って飛び立った。

まさしくすごい形にあんっていたとかいうし、助けて、助けてお願い、、、って言ったのは
テレビでも流れまして、相手の選手も言葉を失ってたくらいひどかった。
芝生のせいじゃないでしょうけど、とにかくケガが多かった年だったのは確かです。

マテック・サンズは
「足から破裂音が聞こえて、その後はすべてがスローモーションだったことは覚えいます。
膝がきつくこわばったように感じて、脱臼か骨折をしたのは分かりました。
ひどくびくついてしまって。今までで一番の痛みを感じたけがでした」
とも言っています。

今聞いても、相当な痛みだったんだなって分かりますね。
なんだか自分も膝が痛くなってきたーーー。

そうなんだーー!?

毛抜きで眉毛など整えてますが、毛抜きで抜いてると
毛根と皮膚の接触部分が炎症を起こしたり、毛穴に皮脂や細菌が入って毛穴を塞ぐのだって。
そうなんだーーー!?

しかし、毛の細胞は分裂して育ち、毛穴の中で再び顔を出します。
そうなると毛穴が塞がれた毛は埋没毛になります。

毛を抜いて毛穴を広げた分、深く埋没することの多い毛抜き。
「しばらく生えてこない」と思ったら、いつのまにかブツブツ埋没毛だらけなんてこともあり得ます。

噂を信じて実体験で結果がわかった、なんて方も多いかもしれませんね。

眉毛あたりはさほど害はないように感じるけど、
それにしても毛を抜くときって1本ずつですよね。
つまり、その一点一点に集中した力が加わっているし、
毛穴の奥でつながっていた細胞から皮脂ごと引きちぎります。

その毛の大きさに合わせていた毛穴は急な空洞ができて、
空間だったのが急に外気にさらされるので、細菌感染による肌トラブルも起きやすくなります。

怖いことばかり書いちゃった?

ホームページには・・

起業とか、個人のホームページには、コンテンツが多ければ多い方がいいのか?
ちょっと自分も個人的に知りたい話です。
これについて話をしたので、まとめてみまーす。

アクセス数が増えてもコンバージョン(成約)がなければ意味がありませんよね。
ホームページから受注する(お客様を獲得する)事は、
いかに自社にアプローチしていただくかを考えて作る必要があります。

コンテンツの量が豊富にある方がいいと考えられますけど、
整理して綺麗に見せたほうがいい、ってことでした。

ホームページって、作るにも大変だけど運営も大変なんですよね、
誰かが作ってくれたらいいけど、ちゃんとしたとこに頼まないとあとが大変。

誰かに作ってもらってもちょっとした変更くらいは自分でしたいし、
ここはどのくらいの知識があるかとか、
もしどこ会社に頼むならどこまでやってくれて、
そんなものを作ってくれるのか、を考えて頼んだほうがいい、ということでした。

難しいですよね、いろいろな会社があるから。
でも、作ろうと思ったら頑張って作らなくては、です!
頑張りましょう(誰に言ってるのだ?)。

寝汗

なんとなく、寝ている間熱い感じがして目が覚めました。
更年期??

寝汗をかくにはいろいろな原因があるのだそうです。
もちろん更年期もあるけど、ストレスやバセドーなどもあって、一概に言えないんだよね。
結核の場合もあるんですってよー。

ニラを食べるといいとかですが、ニラが苦手な人は厳しいでしょうねー。
食事だけではなかなか改善されないと思うけど、できるところからやっていきたいですよね。

でもって私の場合はなんなのだ?
ストレスの線が強い。なのでストレス発散すべく対策をねっているところです。
対策ったって・・・って感じですが。

昔、友人はよく「カラオケ!」っていってたけどね、、、私はカラオケなどやらんのだ。
それに今ってカラオケって時代でもないでしょ(?)。

マッサージかな。
マッサージでストレス解消できます、一瞬ですけどね。
皆さんはどんなストレス解消法してますか?
寝汗・・・かいてませんか?
なにかと体調崩しやすい時期でもあるのでね、体調整えていきましょ。

花粉症

いろんなアレルギーの中で、苦しい花粉症。
目に来る人もいますが、だいたいは鼻ですよね、私もそうです。
私はちくのうなのかもですが、はっきりしないので「花粉症」と言っている、鼻炎、とも。


和田アキ子さんがある日、会見に参加したスタッフ情報として、
400人近くいた報道陣のうち、マスクをしていた記者が目立ったことが紹介されたんです。
なんでも、そのほとんどが花粉症だからだという。

この情報を知ると、和田は「芸能人でも花粉症とかいっぱい多いと思うんだけど。
芸能人でマスクとかしないよね? 本番中でも」
「花粉症って、スタジオの中でも大変なんでしょ? そこで我慢できるってことは、我慢できるんちゃうの?」
と、マスクの必要性に疑問を投げかけたのだ。
さらには「そういう意識を持っていれば、鼻が垂れても...」とまでコメントする。

それはあんたの勝手な考え!

でもこの時の番組(?)は花粉症の話題が主だったわけではないのでスルーされたらしい。
それでいいのだ。
和田アキ子さんてほんと独特な意見を持ってる人ですね。
嫌いじゃないけど、あまりにも短絡的です。
花粉症、めちゃ辛いですって。

わいはー!

ハワイのことです、、、わいはー。

人気の衰えないハワイに、いつか暮らしてみたいと思うけど、物価が高いのがね、、、悩んじゃうね。
皆が行くのはやっぱりワイキキ!?

海水浴はもちろん、サーフィンやパドルボードもできます!
レンタルショップもありますよ。

また、意外と知られていませんが、ワイキキビーチにもパワースポットがあるんです。
デューク・カハナモク像の近くには「魔法石」とよばれるヒーリングストーンがあったり、
ハレクラニホテル前あたりの海は古代から病を治すと言われてきた海。
(ほんとか?)

ワイキキからも見える、ホノルルのランドマーク的存在のダイアモンドヘッド。
ホノルル観光ツアーにも入っていたりする人気の観光スポットです。

特にハイキングの準備をしていなくても気軽に行けるハイキングトレイル。
ゆっくり登っても往復2時間あれば十分。ただ、日中は暑くなるので日焼け止めや水は必須です。

旅行シーズンにより、ダイヤモンドヘッドの色も緑や茶色に変わります。
ワイキキやエメラルドグリーンの海を見渡すことができ、ハワイに来た!と実感できる景色を楽しめますよー。

って、、、ずっと私も行ってないのです、行きたいなー。

江角さん

元(???)女優の江角マキ子さんて、実はバレーの選手だったんですってね。
背が高いからアタッカーかな。
当時のことを知っている人は少ないですねー。
でもそうなんです、バレーの選手でした。

実業団時代に江角と同期だった女性によると、、、、という記事を読みました。
それによると、ですけど、
彼女は"人に媚びず、女子特有の「みんなが同じであることを優先する」タイプではなかった"らしい。

だからだろうか、江角は実業団時代は人間関係が(先輩やマネージャーらと)上手く築けなかった―と話している。

毎日夜遅くまでの練習の後、寮の掃除や洗濯をしなければならなくて、
そのやり方も細かく指導されたという。ありがちかなー。昔だしね。

ある日テーブルの拭き方が自分のやり方と違う―とマネージャーから注意された江角は、
その瞬間"プツン"と心の中で何かが切れてしまったとか。

ユニホーム姿でスリッパのまま財布だけを握りしめ、実家に帰るために伊丹空港に向かった。
寮から脱走したのであるーーー。

すごい!アッパレですな。彼女らしいといいますか。
それにしてもマネージャーに頼んでナントカってのはいただけないかな。

映画界

最近は女優さんや男優さんが映画監督になることも多い。
演技してて、自分の映画を撮ってるなかにいるのだから知識はそれなりにあるよね。
日本でもそうですよね。


絶好調の日本映画だけど、手放しで喜べないという関係者は多い。
理由の一つが「配給会社だけがもうかる」現状だ。
ある映画関係者が打ち明ける。

作品によって異なるが、日本では興行収入の5~6割を映画館が持っていき、
あとは宣伝費に数億円、残りの3割程度が配給会社に入る。
さらに残った分を製作委員会が分け合い、
実際に手を動かした制作者の手元には、
どんなにヒットしても最初に決めたギャラ以外入らないことが多い。

のだそうだ。
ひゃーーーー!そうなのかー。
厳しい世界ですねー。
日本以外ではまた違うみたいですが、こんな感じみたいです。
日本の映画は素晴らしいのに、システムは難しくなってるんですねー。
だからって、いい映画を作ることはやめないでもらいたいなー。